2020年ダイヤ改正 快急一部列車8連化

ニュース By snowlavit

2020/3/14 阪神全線ダイヤ改正

ダイヤ改正に伴い、武庫川・甲子園・今津・西宮・魚崎・三宮駅のホームを延伸し、これらの駅では近鉄8両が停車可能となり、土休日の快速急行が三宮まで原則として8両編成で運転されることとなりました。

快速急行停車駅であった芦屋駅は、ホーム延伸が困難であったため、8両編成の快速急行が運転される土休日に限り、快速急行は全列車通過となりました。

芦屋駅を定期列車が通過するのは2009年のなんば線開業改正以来ですね。

1983年から西宮〜三宮ノンストップ(上りは青木停車)で、急行の延長として運転開始された快速急行、更には遡ることN特急と、何かと系譜を感じさせられる停車駅パターンになりました。

一部列車は運用の都合上、土休日であっても6両編成の快速急行が運転されます。

西宮や三宮、そして工事がじわじわと進められていた甲子園駅は、高架化やリニューアルに際して8連対応の駅となっていたため、今改正でこれまで入ることの出来なかった”先のホーム”に立ち入ることが可能になりました。

ダイヤ的には大幅改正ではありませんが、一つの節目を感じさせるものですね。

2020年ダイヤ改正 快急一部列車8連化

カテゴリー:ニュース,列車,構造物

snowlavit

生まれた時から阪神電車がそばにいた阪神電車オタク。 時が経つにつれてちょっとずつ変わっていくものが好き。 設備、車両、模型と手を四方八方に出しっぱなしで収拾がつかない。


このロゴはdesignevoで作成されました. DesignEvo