1000系の編成毎の差異

By snowlavit

登場時からの差異

前面貫通扉

前面貫通扉に取っ手がついているタイプとついていないタイプがあります。

取っ手付きの扉が取り付けられている車両

1201,1501,1601,1502,1602,1603

上記以外の車両は取っ手ナシです。

一次車に見られる特徴

転落防止幌

一次車(1201F,1601F,1602F)にはヒンジなしのものが、それ以降はヒンジ付きのものが設置されています。高さは一緒。

1000系の編成毎の差異

側面表示灯

1000系の編成毎の差異

一次車のみ「:タイプ」、それ以降は戸閉灯が大型化された「iタイプ」です。

車内床模様

1207Fから変更されています。

後年改造による差異

クーラーキセ

1000系に搭載されるクーラーキセは、当初は一種類のみでしたが、2017年以降、5500系等と同じく二種類を混載しています。

前期型はCU-703、後期型はCU-703Aです。

DSC09396
DSC03221

この記事では前者を前期型、後者を後期型として扱います。

クーラーキセは全般検査時に交換されています。

調査結果(2017年~)

※(括弧)内の数字は年月日を表します。括弧が付いていない場合は調査期間中に変更がなかったことを表します。

1201F~1212F:全車後期型

1213F(2018.1~):1313のみ前期型へ交換

1601F~1603F:全車後期型

1604F(2017.12~):1504のみ前期型へ交換

1605F~1609F:全車後期型

ギュッとステッカー貼り付け位置

1000系にも実はギュッとステッカーが変な位置にあった編成がいたんですね。

それがこちら。

1000系の編成毎の差異

1213Fの1213,1263は貼り付け当初はワイパー下の位置でした。なかなかインパクトがありますね。

1000系の編成毎の差異

もちろん後に正しい位置に直されています。

ラッピング

2016年以降相次いで1204F,1207F,1208F,1210Fにラッピングが施されています。

1204F 『夢を走らせよう!(キッザニア)』:2016年11月22日~2018年12月8日

1207F 『Go!Go!灘五郷』2017年10月1日(ヘッドマークは10月26日)~2019年11月14日

1208F 『THE WAY FORWARD!台湾』2019年3月9日(2020年2月7日装飾変更・2月7日~3月18日副標掲出)~

1210F 『阪神なんば線10周年記念』2019年1月15日(2020年1月11日ヘッドマーク撤去)~

1204F『SDGsトレイン 未来のゆめ・まち号』2019年5月27日(2020年9月8日ヘッドマーク変更)~



snowlavit

生まれた時から阪神電車がそばにいた阪神電車オタク。 時が経つにつれてちょっとずつ変わっていくものが好き。 設備、車両、模型と手を四方八方に出しっぱなしで収拾がつかない。


このロゴはdesignevoで作成されました. DesignEvo