撮影地のススメ (1) 大物駅

実家のようなHANSHIN感の公式SNSとしてTwitterや、Facebookアカウントを設けています。

折角なので質問箱も置いているのですが、読者様からリクエストいただきました!

ということで、てっぱんの撮影地を数回に分けて紹介させていただきます。

ご存知の通り、阪神電車は立体化率90%の鉄道なので駅撮りが多くなるかと。ホーム上では三脚ダメです。

責任逃れではないですが、この連載で撮影者が増えすぎて、しかもマナー激悪だったりしたら電鉄さんに迷惑がかかって困ります。駅構内で勝手に写真を撮らせていただく以上、くれぐれもマナー守ってください。

・三脚等はダメ

・フラッシュダメ

本来、電車を待つ場でしかないホーム上で写真を撮らせていただく以上、迷惑をかけてはいけません。いつも肝に命じています。

大物駅

大物駅は本線となんば線の両方の駅です。阪神車・山陽車・近鉄車なんでも撮り放題です。

本線・ホーム東端

駅手前から続くカーブ上に本線の大物駅は位置しています。ホーム東端(梅田より)では、カーブを曲がる電車の写真を撮れます。

撮影:阪神のにわか鉄

なんば線・ホーム西端

本線の下を立体交差する都合上、尼崎駅と大物駅の間では線路のアップダウンがあります。

なんば線は、立体交差付近から大物駅までの間にある坂が撮影ポイントになってきます。

余談ですが、本線となんば線の立体交差付近は線路的な最高設計速度が110km/hです。

撮影:阪神のにわか鉄

もちろん近鉄車も撮れます。

本線・ホーム西端

ホーム西端ではなんば線の電車だけでなく、本線の電車も撮影できます。

ホーム東端のみならず。西端(神戸寄り)も撮影ポイントですね。

撮影:阪神のにわか鉄

最後に

次回もよろしくお願いします!!

カテゴリー 撮影地

この記事を書いた人 :

拙い文章で申し訳ない限り。修行積んでます

このロゴはdesignevoで作成されました. DesignEvo