阪神山陽阪急ATS (第一・二回)

阪神・山陽・阪急3社のATSの背景には神戸高速線の存在があります。神戸高速線は3社の線路を結び、それぞれの列車が乗り入れてきます。

3社は直通運転を始めるにあたり、ATSの方針や仕様を決める協議を実施しました。

協議の結果、最低限の共通規格が制定され 、各社はその共通規格を満たすATSシステムを個別に開発することとなりました。

個別開発なので各社の独自の方針や設計思想を完全に追求したATSを開発できる一方、規格は一つですから車載機器も一つで済むことが大きなメリットです。

ここで言う共通規格とは、ATSコードのことで、速度制限情報を車両に伝える周波数のことを指します。

ATS信号波(搬送周波数は1920Hz)

制限速度 変調周波数
110Km/hなど 15Hz
70Km/h 20Hz
50Km/h 40Hz
30Km/h 80Hz
20Km/h 30Hz
0Km/h 0Hz

各社はコードを共有しながらも、ATSコードをどのように送出するかで独自性を出しています。

一方、ATSコードが共通化されているので各社の車両は自在に他社線に乗り入れることができます。

受けとる側からすれば、同じ話ですもんね。

仕組み

3社のATSは「高周波連続誘導階段制御方式」です、などといっても説明にはなりませんよね。

先程ご紹介したATS信号は、基本的にレールに直接、或いはレール側面に添わせた「ループ線」に送出されます。

手前のレール側面にループ線が布設されているのは見えますか?

ATS信号は速度情報指令的性格を持つわけで、それを絶え間なく受信して初めて列車は走行できるようになります。

もし、ATS信号に対応する制限速度を超えてしまえば”ATSブレーキ’が動作します。

CAUTION

制限速度とATS信号が一対一対応していることは押さえておいてください。

ATS信号(搬送周波数は1920Hz)

制限速度 ATS信号(の変調周波数)
110Km/hなど 15Hz
70Km/h 20Hz
50Km/h 40Hz
30Km/h 80Hz
20Km/h 30Hz
0Km/h 0 Hz

高周波連続誘導階段制御方式と小難しく表せるわけですが、ここで言う「連続」とは何でしょう。

“連続”の反対語が“点”ということもあり、点制御の対比として考えた方が分かりやすいかもしれません。

点制御は、線路上に設けられた言わばチェックポイントにおいてだけで速度情報を受け渡すことによりATSとしての速度制御が実現します。そして、そのチェックポイントを点として表現します。

一方、連続制御は主としてレールに絶え間なくATS信号を垂れ流し、車両もまたこれを拾い続けて速度制御が実現します。速度情報はリアルタイムで車両に伝わり続け、連続制御となります。

実際、阪神 ATSでは、ATS信号をたった0.5秒間でも受信できなければ即座にATSブレーキが動作します。絶え間なく速度情報が伝わっていますよね。

 

5段階のATS信号が時と場合に応じて送信されるわけですが、そこらへんを第三回以降で説明しています。下の一覧からどうぞ。

カテゴリー

この記事を書いた人:ぐんじょう

拙い文章で申し訳ない限り。修行積んでます

このロゴはdesignevoで作成されました. DesignEvo