新ページ公開のお知らせ(1/11)

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)

施設 By ぐんじょう

まず初めに、淀川橋梁の架替え工事についての概要を説明します。概要の説明が不要な方は、上の ボタンを操作してください。

概要

阪神なんば線には、淀川を跨ぐ「新淀川橋梁」という橋梁があります。“新”の無い「淀川橋梁」として紹介されることの多い橋梁ですが、「新淀川橋梁」が正式名称です。本線にも淀川を跨ぐ橋があり、こちらは「淀川橋梁」といいます。どちらの橋梁も延長が長く、本線・淀川橋梁が778m、阪神なんば線“新”淀川橋梁は756mと阪神電車で1位2位の延長です。新淀川橋梁は1924年に伝法線として開業した大物~伝法の区間に含まれ、同線開業以来約100年に渡って列車の運行を支えてきましたが、架替え工事が現在進められています。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)

新淀川橋梁が架替えられる理由は大きくわけて2つあります。1つ目の理由としては、新淀川橋梁は橋脚の本数が多く、桁下高も低いことです。洪水時には新淀川橋梁がその流れを阻害してしまう危険性が指摘されています。2つ目の理由としては、線路が堤防を途切れさせていることです。高潮時には、堤防の切り込みを塞ぐために「陸閘」を操作しますが、その操作が間に合わなければ堤防を途切れさせている線路の箇所から増水した淀川の水が氾濫する危険があります。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
赤く見えるのが「陸閘」
撮影:ぐんじょう

新淀川橋梁の架替えは国土交通省の河川事業として行われるもので、同時に前後の区間の高架化(連続立体交差化)も実施されます。尼崎方起点から新淀川橋梁にかけての区間の連続立体交差化は、国と市が共同して実施することから「共同事業区間」となり、相対して、新淀川橋梁の架替えについては「河川単独区間」となります。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)

河川単独区間と共同事業区間は、合わせて出来島駅東方~正蓮寺川橋梁の2.4kmです。事業区間中には「福」駅と「伝法」駅が含まれ、いずれの駅も立体化に伴って駅舎が新しいものになります。新淀川橋梁は仮線方式や直上方式ではなく別線方式での架替えとなり、新たな新淀川橋梁は既設線の南側に架橋されます。また、すりつけ区間として淀川橋梁の前後では線形が変更され、その区間の延長は福駅方で1km、伝法駅方では0.5mになります。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)

新しい淀川橋梁は、前述の2つの問題を解決するものになります。橋脚数は39基から10基に減り、新淀川橋梁の下流に位置する国道43号線・新伝法橋梁の「洪水時の流心線に沿った見通し線上」に橋脚が設置されます。これは、「河川管理施設等構造令施行規則(昭和五十一年建設省令第十三号)」に則るものです。また、桁下高は7mほど上がります。これによって陸閘を撤去できるほか、桁下高が計画高潮位を下回る問題も解決できます。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
国土交通省淀川河川事務所(2020)「阪神なんば線淀川橋梁改築事業について」による図表を一部修正

(参考)検討段階の計画

淀川橋梁の架替えの計画は古くからあり、検討段階では千鳥橋駅以西の2.6kmを事業区間とする計画もありました。現在進められている「阪神なんば線淀川橋梁改築事業」では正蓮寺川橋梁(伝法~千鳥橋間)以西が事業区間となっています。

工事の流れ

阪神なんば線は、2009年の西九条~大阪難波間の延伸と近鉄との相互直通運転の開始にともなって西大阪線が名を改た路線です。西大阪線時代には列車本数が比較的少なかったため、一時的に列車を単線で運行しながら立体化工事や橋梁の架替えが行われていたこともあります。しかし、相互直通運転の開始後は一躍大動脈となり、今回の「淀川橋梁事業」では仮線を構築し複線の状態を保ちながら工事が進められます。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)

まず、工事のスケジュールを確認します。

仮上り線への切り替えの完了2022年度
仮下り線への切り替えの完了2023年度
下り線の高架化/新しい淀川橋梁(下り線)の供用開始2026年度
上り線の高架化/新しい淀川橋梁(上り線)の供用開始2029年度

次に、工区割と縦断図は下図のとおりです。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
出典:国土交通省淀川河川事務所(2020)「【阪神なんば線淀川橋梁改築事業】 - 令和2年度の主な作業内容-①」

新たな新淀川橋梁の前後ではすりつけ区間として線形が変わります。また、第1工区の取付区間では、縦断勾配が生じます(線路縦断線形がレベルではありません)。また、伝法駅では駅構内に縦断勾配があります。

事業総延長2.4kmは1~5工区と撤去工区に工区割されています。各工区ではどのように工事がなされるかを見ていきましょう。

1工区(尼崎方取付部~福駅西方)

1工区では、「仮線方式」で高架化が実施されます。立体化工事が進められている間は、現在線の北側に沿った敷地を活用し仮線路が敷設されます。仮線を活用することで、工事期間中も複線で列車の運行が続けられます。施工手順の関係により上り線と下り線は同時には高架化されず、下り線・上り線の順で順次高架化されます。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
仮線を構築するための用地として活用される沿道では交通規制が行われる。
撮影:すのらび

尼崎駅から出来島駅以東までの区間はすでに立体化されています。現在進められている淀川橋梁改築事業に伴う工事によって取付区間に含まれる既設高架橋の一部が嵩上げされます。嵩上げされるのは、既設高架橋のうち東側から3径間です(Pc35,Pc36,Pc37)。なお、既設高架橋は嵩上げはされるものの、既設高架線と新設高架線との取付部には縦断勾配が生じます。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
取付区間を眺める。高架化によって眺めは変貌するだろう。
撮影:すのらび
淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
取付区間の擁壁盛土。工事により、当該箇所はラーメン高架橋となる予定。
撮影:すのらび

2工区(福駅部~淀川右岸)

2工区では、「仮線方式」で高架化が実施されます。立体化工事が進められている間は、現在線の北側に沿った敷地を活用し仮線路が敷設されます。仮線を活用することで、工事期間中も複線で列車の運行が続けられます。施工手順の関係により上り線と下り線は同時には高架化されず、下り線・上り線の順で順次高架化されます。

2工区には福駅が含まれます。また、2工区に含まれる「福駅西踏切」と「福駅東踏切」は高架化に伴って除却されます。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
高架化で除却される「福駅西踏切
淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
高架化で除却される「福駅東踏切

高架化後の福駅は現在と同様に2面2線であり、一部の鉄道ファンが期待する待避線の設置はありません。また、改札内で上下プラットホームを行き来できるようになります。エレベーターやエスカレーターが設置されます。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
福駅
淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
築堤

3工区(淀川右岸~河川中心)

3工区には新淀川橋梁の西側半分が含まれます。新しい新淀川橋梁は古い橋梁の南側に建設され、仮線方式ではなく別線方式での改築となります。3工区に含まれる「淀川西岸踏切」は淀川橋梁改築に伴って除却されます。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2019/11/16

4工区(河川中心~淀川左岸)

4工区には新淀川橋梁の東側半分が含まれます。新しい新淀川橋梁は古い橋梁の南側に建設され、仮線方式ではなく別線方式での改築となります。4工区に含まれる「淀川東岸踏切」は淀川橋梁改築に伴って除却されます。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
撮影:ぐんじょう

5工区(伝法駅部~大阪難波方面取付部)

5工区では、1工区や2工区とは違って「別線方式」で施工されます。これは既設線の南側に複線分の高架橋が建設される方式で、仮線方式での施工が困難なためです。

5工区には伝法駅が含まれます。また、5工区に含まれる「正蓮寺川西岸踏切」は除却されます。すりつけ区間として、正蓮寺川から新たな淀川橋梁にかけての約500mの区間では線形が変更されます。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)

高架化後の伝法駅は現在と同様に2面2線になる予定です。エレベーターやエスカレーターが設置される予定です。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
現在の伝法駅。盛土上に設けられている(阪神なんば線の開業前に延伸されたプラットホームは桁式構造)。
撮影:ぐんじょう
淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
撮影:ぐんじょう

工事中に安全な列車の運行を支える仕組み

営業線に近接して工事が行われるにあたっては、十分な安全対策が取られます。非常時に備えて列車防護のため「非常通報押ボタン」が等間隔に設置され、「工事用特殊信号発光器」が設置されます。また、「工区標」が工区の始終端に設置され工区が明示されます。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
撮影:すのらび

2020~21年・冬の様子

2020〜21年の冬頃の工事の様子を、各工区ごとに見ていきましょう。

1工区(出来島~福)

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2020.12.20

2工区(福駅~淀川橋梁右岸)

福駅部の様子

福駅部では、仮上り線の仮駅舎の設置が進められています。現在の駅舎の北側の敷地で工事が進められています。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

現在の福駅の入り口を挟んで東側(淀川方)の様子です。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

現在の福駅の入り口を挟んで西側(尼崎方)の様子です。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

淀川方では、既にアスファルト舗装の撤去されている箇所があります。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8
淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

工事に支障する駐輪場の移設が既に行われています。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

仮線構築の様子

上り線の仮線切替は、複数回に分けて行われるようです。淀川から福駅の間に、「1次仮上り線 寄路開始地点」と記した標が設置されています。「寄路」とは軌道を移動させることで、現在線から仮線へ取り付けるために線形の変更が始められる場所であることが示されています。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

「1次仮上り線 寄路開始地点」のさらに淀川方には、「1次仮上り線 切替地点」と記した標があります。これは、1次仮上り線区間の起点の位置を示しているものです。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

「1次仮上り線 切替地点」のさらに淀川方では、仮線構築のために鋼矢板圧入が進められていました。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

鋼矢板圧入の様子です。(8倍速)

 

鋼矢板の圧入が終わった箇所では、中詰盛土が行われています。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

南側の築堤法面については、鋼矢板圧入の上で土砂の撤去が始まっています。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

仮陸橋の様子

仮線構築にあたっては、二重締切盛土の施工だけでなく、仮陸橋の設置も進んでいます。仮の福陸橋では、歩道橋の付いた桁が架設されています。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

福陸橋の仮橋台です。手前(淀川方)がKFA2橋台、奥(尼崎方)がKFA1橋台です。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

南側から福陸橋を見た様子です。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

つぎに、「陸橋第十号の三」の様子です。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

陸橋第十号の三を下から見た様子です。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

KA3橋台の様子です。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

南側の築堤法面には、作業床が設置されています。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2020/11/22

電路関係工事の様子

土木工事に並行して、電路関係工事も進められています。仮設鉄柱(架線柱)の鋼管杭基礎の施工が進められています。また、仮設鉄柱が既に建植されている箇所もあります。仮設鉄柱は、籠型の片持ち式のものが標準です。

仮設鉄柱を建植するための鋼管杭基礎の頭部の様子です。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

写真左手には、既に建植された仮設鉄柱が写っています。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

3工区(淀川右岸~河川中心)

仮線構築の様子

河川外にある仮線と現在の新淀川橋梁とを取り付けるため、橋梁の尼崎方では線形を変更する必要があります。カンザシ桁の仮設や、仮設鉄柱の建植等は既に終わっています。現在は、線形の変更に先立ち、桁の入替えが進められている段階です。

桁の入替えは複数回に分けて行われます。上り線から桁の入替えが進められており、まずは1回目の入替え後の様子です。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2020/12/2

その後も、桁の入替えが順次進められました。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2020/12/20

桁の入替えは、列車の運行していない夜間に行われます。1月9日未明にも桁の入替えが実施され、以下はその様子です。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/9

クレーンで旧桁を吊りあげている様子です。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/9

クレーンで撤去された旧桁の様子です。写真の左下に緑色の旧桁が見えます。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
撮影:silky_jet

桁の入替え後の様子です。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/9

工事中に見られた、アースフックと電車線継電器です。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/9

1月9日未明に行われた工事の動画です。(20倍速)

一方、下り線については桁の入替えがまだ始まっていません。入替えられる桁は、現在の桁に横付けされています。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

横付けされた桁を地上側から見た様子です。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

新たな新淀川橋梁の様子

橋梁のうち、桁が「上部工」、橋脚と基礎が「下部工」として分類されます。現在は下部工の工事が進められている段階です。奥に見えるP49橋脚では橋脚の工事が進んでいて、柱部に次いで梁部の施工も始まっています。その手前には「P48 鋼管矢板井筒基礎」と「P47 ニューマチックケーソン基礎予定地」と記された標があります。P47橋脚は、堤防を跨ぐために他と比べて径間長が大きく重い桁を支持するため、基礎形式が異なります。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

鋼管矢板井筒基礎の施工の様子です。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

P49橋脚の過去の様子として、柱部までが形になった段階の様子も載せておきます。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)

4工区(河川中心~淀川左岸)

P54橋脚の様子です。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2020/12/20

P56橋脚のニューマチックケーソン基礎の施工の様子です。P47橋脚と同じく重い桁を支持するため、基礎の形式が鋼管矢板井筒基礎とは異なります。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2020/11/22

高水敷盛土

淀川左岸の高水敷盛土の様子です。工事用通路が整備されています。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2020/12/2

5工区(伝法駅部~大阪難波方面取付部)

大阪難波方面の取付部では、仮設構台の設置が進められています。(写真の右側)

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2020/12/2

定点比較(夏→冬)

2020年の夏と、2020~21年の冬の定点比較です。アングルが変わっている写真がありますが。御容赦ください。

1工区

2工区

福駅から福陸橋にかけての定点比較です。(北側視点)

福陸橋から淀川にかけての定点比較です。(北側視点)

福陸橋での定点比較です。(北側視点)

福駅から福陸橋での定点比較です。(北側視点)

築堤の定点比較です。(南側視点)

陸橋第十号の三の定点比較です。(北側視点)

3工区

新淀川橋梁の右岸の定点比較です。

動画

1/1に撮影した、伝法から福にかけての動画です。

あとがき

2021年。雪降る頃に

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8
淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)

福陸橋の橋台。トラッキーくん達も見納めでしょうか。

淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8
淀川橋梁の架け替え工事・阪神なんば線(2020~21年・冬の様子)
2021/1/8

特記無き写真については、すのらび撮影。 文章はぐんじょうが担当。

参考文献

国土交通省淀川河川事務所ホームページ「阪神なんば線淀川橋梁改築事業に関する取り組み」内の資料( https://www.kkr.mlit.go.jp/yodogawa/activity/comit/bridge-reconst.html )
阪神電気鉄道株式会社, 西大阪高速鉄道株式会社 編(2012)「阪神なんば線 (西大阪延伸線) 整備事業誌 : 神戸・なんば・奈良、つながる」
近藤政弘・鶴井寿博・岡本一尚・矢崎澄雄(2006)「鉄道盛土における仮土留壁の比較検討」『第41回地盤工学研究発表会(鹿児島)』pp1287-1288
八方隆邦・福田誠一(1994)「市街地における鉄道線路直下地下切替工法と直上高架切替への応用」『土木学会論文集』pp31-34
下木原浩(2003)「阪神電鉄の連続立体化工事」『鉄道と電気技術』pp38-44


カテゴリー:施設

ぐんじょう

電車って難しいですよね。いや、ほんとに。


このロゴはdesignevoで作成されました. DesignEvo