いつもと違う武庫川駅

みなさんこんばんは

2018/3/27 5029fの試運転があったこの日に武庫川駅ではこれまでとは違う景色が見られました。

武庫川線ホームに新しく柵が設置されていました。

しかも、その柵はクリーム色に塗装されていると思えば!?

半分以上アルミの部分が見えていました。

この塗装は絶縁塗装といい、車両と柵に同時に触れたときに電気が流れないようにするための塗装なので、車両から手を伸ばしたときに届かない範囲にある部分には塗装がされていないようです。

この柵がある場所には日曜日の夜に武庫川線に乗ったときにはなんの変化もありませんでした。

月曜日にホームに少し変化が見られたと聞き、今週中に設置されるのかなぁと思っていたら、まさかの今日、ホームに変化が見られた次の日には設置されていました。

阪神の作業の速さがよく分かりますね。

さらに、柵の位置の関係で昼間留置していた電車に乗務員さんが乗るときに少し不便になってしまっています。

今回このホームに設置されたのはホームドアではなく、普通の柵でしたが、1日6回しか電車が走らないとはいえ、少しでも人身事故が起きる可能性が減ったので良かったと思います。

カテゴリー

この記事を書いた人:ぶた きむち

知識も語彙力もありませんが頑張ります!

このロゴはdesignevoで作成されました. DesignEvo