赤胴車の本線快走

こんばんは

2015年5月

阪神本線で、阪神伝統のクリームとバーミリオンのツートンカラーの電車の営業運転が終了しました。

しかし、このツートンカラーの電車は、未だに本線を走り続けています。

皆さんに赤色とクリーム色の電車がどこを走っているか、と問えば、「武庫川線」と答える人が多いと思います。

武庫川線は検査などの関係で4編成の車両を使っています。

当然ながら、夜は車庫に回送され、朝は武庫川線へ回送される編成があるわけです。

その中で、今日は皆さんが比較的撮影しやすいと思われる、土日祝の夜の武庫川線回送を紹介します。

2編成稼働しているうち1編成は、夕ラッシュ増発が終われば、一度本線の下をくぐり、武庫川駅の北側に引き上げます。赤胴車の本線快走その数分後、今度は本線に向けて、急カーブをゆっくりと進んでいきます。赤胴車の本線快走赤胴車の本線快走列車は、先頭に後尾灯、後ろに標識灯を点灯させた状態で本線と合流します。そして、また数分後、この車両は尼崎車庫へ向けて走っていきます。赤胴車の本線快走夜にフル点灯で本線を快走する赤胴車。とても見応えがあります。武庫川線から本線への急カーブで鼓膜が破れるかと思うほどの轟音を響かせて走る姿は、本線運用時代とはまた別の姿があると思います。 本線走行時代なんて見た記憶すら無いんですがね。運が良ければ、武庫川駅では8000系や9300系などと並ぶかもしれません。営業運転では見ることができない、赤とクリームの本線快走。是非空いてる日を見つけて撮りにきてみてはいかがでしょうか?写真撮影:阪神のにわか鉄

関係のない方が映ってしまった画像には、モザイク処理を施しています。
カテゴリー 列車 , 未分類

この記事を書いた人 :

空中は対応してるけど水中は対応してません。知識も語彙力も無いけど頑張ります!

このロゴはdesignevoで作成されました. DesignEvo