8000系の台車

今回は、8000系の台車について軽く触れてみたいと思います。

8000系は、製造時期によって様々な差異があります。特に8523編成は前後の顔が違うという大きな特徴を持っており、ご存じの方も多いと思います。

このような大きな違いもありますが、今回は比較的細かい点であろう「台車」についてご紹介します。

 

大別すると、①8502、8002、8102

      ②8217、8218、8219、8220

③その他すべて             

となります。

 

それでは①から順に見ていきましょう。

 

①8502、8002、8102      [FS090(390)A]

8000系の台車
8000系の台車
8000系の台車

8217、8218、8219、8220         [FS090]

8000系の台車

 

 

③その他すべて       [FS025(525)]

8000系の台車
8000系の台車

ずらっと並べてみますとこんな感じです。少しわかりにくかった方のために、もっとも分かりやすい違いを丸で囲んでみました。

8000系の台車
8000系の台車

よ~く見比べてみると、少し違いますよね。丸で囲んだ部分以外にも、軸箱のまわりが違っていたりします。

この下側の台車[FS090]は、なんと3901の廃車発生品なんです。そのため、このように形状が違っているわけなのです。

というわけで、ほんとに軽くですが台車について触れてみました。これらのように、8000系には様々な差異がありますので、いつかこのサイトで公開できればなと思います。

(記事中の写真はすべて筆者、もしくはすのらび氏撮影)

カテゴリー

この記事を書いた人:jciodhjv8(しお)

ぼちぼちと写真を撮ったり模型を触ったりしてます。

このロゴはdesignevoで作成されました. DesignEvo