神戸高速開業50年-直特以前の記録

神戸高速鉄道開業50周年ということで、直通特急運航開始前、阪急・阪神が山陽須磨浦公園まで、山陽が阪急御影と阪神大石まで乗り入れていた頃のスナップを。※画像クリックで拡大表示します

山陽に乗り入れた阪急・阪神電車

朝の須磨駅での阪急・阪神・山陽の「三者並び」は人気を集めた(1998年)

震災で廃止された地上時代の板宿駅に停車中の阪神7101形特急(1992年)

須磨浦公園駅で並ぶ阪急6000系と阪神8000系(1996年)

阪急・阪神に乗り入れた山陽特急

阪急西灘(現・王子公園)を発車する阪急六甲行き特急(1984年)

阪急御影駅西方の中線で折り返し待機する山陽特急(1982年)

阪神西灘付近を走る大石行き特急(1987年)

阪神大石駅東方の渡り線で折り返していた山陽特急(1993年)

地下線に響く吊り掛けサウンド

新開地駅の中線で折り返す山陽の各停には、80年代半ばまで吊り掛け車が見られた(850形)(1982年)

カテゴリー列車

この記事を書いた人 :

50過ぎたオッサン。90年代が阪神撮り鉄のピークゆえ、最近のネタには疎いです。